アンチエイジングに効果的な美容オイルの種類と選び方

0
263
Pocket

【美容オイルは2種類に分類されています】

アンチエイジングに役立つ美容オイルには、動物性植物性があり、それぞれに異なった性質を持っています。

それではまず、これらの性質の違いについて簡単にご紹介しておくことにしましょう。

これらは、動物由来なのか植物由来なのかという違いがありますが、いずれのオイルであってもお肌に与える美容効果に対して大差があるわけではありません。

ですが、近年では動物アレルギーに対する懸念から、動物由来の美容オイルよりも植物由来の美容オイルに人気が集中する傾向にあるというのが現状です。

また、動物オイルの中には酸化が早い種類がありますので、美容オイルを使い慣れていない方、あるいは動物アレルギーをお持ちの方の場合では、ひとまず植物由来の美容オイルを使用してみると良いでしょう。

 

【お悩み別・アンチエイジング対策のための美容オイルはこうやって選ぼう!】

それでは、お悩み別におすすめできる美容オイルをご紹介しましょう。

 

《乾燥肌によるシワ》

● マルラオイル

マルラの木から抽出される美容オイルで、ビタミンCやEを豊富に含むため、アンチエイジング効果を期待できます。

マルラオイルの抗酸化力オリーブオイルの10倍ともいわれていますので、毎日のスキンケアにプラスすることが、アンチエイジング対策につながるでしょう。

 

● モノイオイル

ココナッツオイルにティアレという花を浸け込んで熟成させたオイルです。

ココナッツには中鎖脂肪酸という成分が含まれており、この成分の抗酸化作用によってアンチエイジング効果を期待できるでしょう。

 

抗酸化作用を味方に!アンチエイジングの大敵「酸化」から体を守る方法

 

● ホホバオイル

人体の角質層に存在する皮脂成分とよく似た構造のオイルで、お肌への刺激が弱く、なおかつ馴染みが良いという特徴があります。

ホホバオイルにはワックスエステルという成分が含まれ、高い保湿効果を期待することができます。

酸化にも強いという特徴がありますので、初心者の方にとっては扱いやすい美容オイルでしょう。

 

《敏感肌》

● スクワランオイル

深海ザメの肝臓から抽出されるオイルで、人体の皮脂構造と似ているため、お肌への馴染みが良いという特徴があります。

美容オイルの中では比較的お肌への刺激が弱いため、敏感肌の方におすすめできます。

 

● エミューオイル

エミューという鳥の羽根の付け根部分から抽出されるオイルです。

このオイルにはオレイン酸が豊富に含まれ、また、人体の角質層に存在する皮脂と構造が良く似ているため、浸透性が高いという特徴があります。

 

● アルガンオイル

アルガンの木の果実から抽出されるオイルです。

このオイルはオレイン酸とビタミンEの含有量が多く、高い保湿効果を期待することができます。

 

《シミ》

● ローズヒップオイル

トランスレチノイン酸という美白効果を期待できる成分が豊富に含まれています。
さらに、リコピンやビタミンC、オレイン酸などの成分も豊富に含んでいるため、お肌の酸化予防美白効果を期待できるでしょう。

だたし、このオイルは酸化しやすい性質を持っていますので、開封後にはなるべく早めに消費する必要があります。

 

美白ケアでシミのないお肌へ!アンチエイジングを意識して美しい素肌を手に入れよう!

 

【美容オイルの上手な使い方】

美容オイルは全身に使用することができますが、使用に当たっては以下の点に注意を払いましょう。

 

《化粧水で保湿ケアを行ったあとにつける》

オイル成分は表皮に被膜をつくりますので、洗顔後やお風呂上がりには、まず化粧水でお肌に水分を補充してから美容オイルをつけるという方法がおすすめできます。

美容オイルの中にはブースターとして使用できるものもあるといわれていますが、お肌が乾燥した状態で美容オイルを使用すると、お肌の水分が不足してしまうことが考えられます。

 

《一度に大量につけない》

美容オイルの中には、スクワランオイルやホホバオイルのようにサラッとしたタイプがあります。

ですが、サラッとしてはいてもオイルであることには違いなく、一度に大量につけるとお肌のべたつきが気になることがあります。

美容オイルを初めて使用する方は、まずは1滴だけお肌に伸ばしてみて、その後はご自身にとってちょうど良い分量を見つけ出してみると良いでしょう。

 

【失敗しない美容オイルの選び方をご紹介!】

まず、どの種類の美容オイルを選ぶにしても、必ず純度が高い製品を選びましょう。

特にあまり安価な製品を選んでしまうと、化学合成物質の配合量が高く、敏感肌の方の場合では、お肌が過敏な反応を示すことも考えられます。

美容オイルは目的別に選ぶことも大切ですが、見落としがちなのが配合成分です。

美容オイルを選ぶ際には、最低限、オイルの純度が高く、できる限り化学合成物質が配合されていない製品を選ぶことを心がけましょう。