美味しく飲んでアンチエイジング!『ビール』の美容やアンチエイジング効果をご紹介!

0
104
Pocket

ビールを飲むことで美容効果を得ることができたり、アンチエイジング効果を得たりすることができると聞くと、ほとんどの方は驚くのではないでしょうか。

ですが、ビールに美容やアンチエイジング効果を期待できるというのは本当の話です。

実はビールの主原料に含まれる成分には、美容やアンチエイジング効果を期待できるという事実、ご存知でしたか?

 

ビールの主原料に期待できる美容やアンチエイジング効果とは?

ビールのおもな主原料は、「ホップ」「麦芽」「ビール酵母」です。

それでは、これらに期待できる美容やアンチエイジング効果をご紹介しましょう。

 

ホップ

ホップはクワ科に属する植物で、ビールの苦み成分・泡立ち成分として配合されています。

ホップには「フィストロゲン」という女性ホルモンのひとつであるエストロゲンと似た作用をする成分が含まれており、加齢による抜け毛や白髪予防、冷え症や肩こりの緩和効果を期待できます。

さらに、ホップにはポリフェノールも含まれていますので、肌細胞の抗酸化効果も狙うことができます。

ポリフェノールといえば、赤ワインに多く含まれている成分として良く知られていますが、ホップに含まれているポリフェノールもまた、赤ワインと同様の抗酸化効果を期待することができます

 

抗酸化作用を味方に!アンチエイジングの大敵「酸化」から体を守る方法

 

麦芽

麦芽にはGABAという成分が豊富に含まれています。

GABA」はリラックス効果を期待できる成分で、脳内の血流改善効果も期待できることがわかっています

つまり、脳のアンチエイジングに役立つ成分だということですね。

さらに、血圧を下げる作用もありますので、高血圧予防をしたいという方にもおすすめです

 

ビール酵母

ビール酵母には9種類の必須アミノ酸をはじめ、ビタミンBタンパク質ミネラル成分も含まれており、美肌効果美髪効果を期待することができます

さらに、特筆すべきはビール酵母に含まれている乳酸菌でしょう。

ご存じのとおり、乳酸菌には腸内環境を整える働きがありますので、ビールから乳酸菌を取り入れることによって便秘を予防、身体の内部からアンチエイジング効果を狙うことができます。

 

美容やアンチエイジング効果が高いのはどのビール?

近年、発泡酒や第三のビールなどがもてはやされていますね。

これらのビールは糖質制限効果やカロリーカット効果などを期待できますので、糖質過多やカロリー過多を気にする方にはおすすめできるかもしれません。

ですが、これらのビールは、その種類によってホップの配合量が少なかったり、配合されていなかったりすることがあります。

つまり、美容やアンチエイジング目的でビールを飲みたいという方には、あまりおすすめできないということです。

そしてもうひとつ、ノンアルコールビールという種類もあります。

このタイプのビールにはアルコール成分がほぼ配合されていませんので、アルコールに弱いという方にはおすすめできるでしょう。

このタイプのビールには麦芽やホップが含まれていますが、その含有量は少ないと考えられ、美容やアンチエイジング目的で飲むのであれば、少々役不足です。

 

IPAビール、黒ビール》

では、美容やアンチエイジング目的でビールを飲むのであれば、どのような種類を選べば良いのでしょうか?

それはズバリ、ホップの含有量が多いIPA(インディア・ペール・エール)ビール黒ビールです

とりわけIPAビールはポップの含有量が多いため、ビールからホップを摂りたいという方には最もおすすめできます。

一方、黒ビールにはさまざまな種類がありますが、全般的にホップの含有量が多く、美容やアンチエイジング目的で飲むのであれば適した種類だといえるでしょう。

IPAビール、黒ビールともにやや癖がありますので、もしかすると苦手な方が多いかもしれません。

そのような方は、まずは一般的なビールから徐々に慣らし、ゆっくりとIPAビールや黒ビールに移行してみると良いでしょう。

IPAビールや黒ビール味がわかってくると、むしろ一般的なビールよりも美味しいと感じるようになるかもしれませんよ。