年齢のでる後姿は背中痩せでスッキリ!背中の肉を撃退して後姿美人に

0
28
Pocket

自分の後姿、意識していますか?

年齢を重ねていくと、お腹や太もも、二の腕などについたぜい肉が気になるものですが、実は背中も思いのほか脂肪がつきやすい部位なのです。

日ごろからお腹や太ももの肉はチェックしても、背中まで意識しているという人は少ないのではないでしょうか?

でも、余分なぜい肉のついた背中は、上半身をもっさりと大きく見せたり、たるみやハミ肉でボディラインを崩す元になったりしてしまいます。

自分で見えない背中は、普段から意識してチェックすることが大切。

そこでこの記事では、背中に脂肪が付いてしまう原因を解説し、すらりと美しい背中を作る「背中痩せエクササイズ」を紹介したいと思います。

 

【要注意!後姿は意外と見られている】

自分の姿を鏡でチェックするとき、前姿ばかりに意識が集中していませんか?

でも実は、人に見られやすいのは、前からの姿よりも「後姿」です。

例えば、外で素敵な人を見かけたとき、前方からジロジロ見ることはためらっても、後姿なら本人の目線が気にならないので、ついずっと目で追ってしまった……という経験がある人もいるかと思います。

このように、後姿は無防備であるためわりと人に見られているものなのです。

ところが、背中はわざわざ合わせ鏡で見ない限り自分の目には入りませんから、ついチェックを怠ってしまいがち。

すると、ちょっとした変化に気付きにくく、いつの間にか背中のラインが大きく崩れていた……なんてことも起こり得るのです。

 

【背中に肉がついてしまう原因とは?】

では、なぜ背中に肉が付くのか、その原因を探ってみましょう。

 

《姿勢の悪さ》

普段から姿勢が悪い人、猫背になりやすい人は、背中の筋力が衰えている可能性があります。

すると、首~肩~背中に凝りが生じやすく、血流が滞って代謝が落ちるため、脂肪を溜め込みやすくなってしまいます。

また、筋力が低下しているので背中の肉を支えきれず、重力で脂肪が下がってたるみを引き起こしてしまいます。

 

《運動不足》

体を動かす習慣のない人は、カロリー消費量が少ない上に筋肉量が低下して基礎代謝が低くなっています。

代謝の悪い体は、太りやすく痩せにくい体質になってしまうため、運動習慣のある人と比べると、同じカロリー量の食事をしても太りやすく、背中にもぜい肉が付きやすい傾向にあります。

 

《加齢》

人は年齢を重ねるごとに基礎代謝量が低下してくるため、若い頃と同じ食事をしているとどうしても体に脂肪を溜め込んでしまいます。

また、加齢によって筋肉が衰えてくるので、何も対策を取らないでいると徐々に締まりのない体になっていきます。

 

《合わない下着》

サイズの合わないブラジャーを身に着けていると、脂肪が背中側に流れてバストの形が崩れるとともに、背中にぜい肉がたまりやすくなってしまいます。

サイズが小さ過ぎて下着からのハミ肉が目立ったり、逆にサイズが大き過ぎて脂肪のおさまりが悪く他の場所へ流れてしまったり。

 

このようなことが続くと、上半身は締まりがなくなり“おばさん体型”へまっしぐら。

一気に老けた印象になり、オシャレな洋服もだんだん似合わなくなってしまいます。

このように、背中の脂肪やたるみは丸い肩や背中の凹凸を生じさせ、スタイルを大きく崩す要因となります。

では、背中の肉を減らしてスッと美しい後姿にするにはどうすればいいのか、その方法を紹介したいと思います。

 

【後姿スッキリ!背中痩せエクササイズ】

 

《ストレッチ》

まずはストレッチから。

肩回し運動で、ゆっくり背中と肩周りの筋肉をほぐしていきましょう。

1.両手をそれぞれ左右の肩に当てます。
2.そのままの状態で、肘から弧を描くように前回しを5回、後ろ回しを5回行います。
3.この動作を3セット行います。

コツは、肩甲骨が動くのを意識しながら行うこと。

背中痩せのカギは、肩甲骨が握っているといっても過言ではありません

 

《背中痩せエクササイズ①》

次に、背中の筋肉を引き締めるエクササイズです。

1.床に四つん這いになり、手足を肩幅に広げます。
2.背筋を伸ばし、右手を前に真っ直ぐ伸ばすと同時に、左足を真っ直ぐ後ろへ伸ばします。
3.逆も同じように行い、左右交互に10~20回行います。

手足はそれぞれ、床と平行になるように伸ばしましょう。

ゆっくりした動作で行うと、より筋肉が効率的に鍛えられますよ。

 

《背中痩せエクササイズ②》

次は、肩甲骨周りを鍛えるエクササイズです。

1.両手を上に真っ直ぐ上げます。手のひらは広げて前方に向けておきます。
2.ゆっくり肘を曲げながら腕を下ろしていき、両肘を背中の後ろでくっ付けるようなイメージで
ギュッと引き締めます。
3.この時、両方の手のひらはなるべく頭の後ろを通って下げるようにします。
4.両手を再び真っ直ぐ上に上げ、この動きを繰り返し、10回を目安に行います。

肩甲骨周りがほぐれて血流がアップするのを感じられると思います。

 

こちらのビデオでは、3分で簡単にできる背中痩せエクササイズが紹介されていますので、上記のエクササイズと併せてぜひ参考にしてみてください。

 

 

【まとめ】

魅力的な後姿にするために大切なポイントは、以下の3つ。

1.正しい姿勢を心がける
2.下着のサイズを見直す
3.背中の筋肉を鍛える

とくに体型の崩れを防ぐのに欠かせないのは、筋肉を鍛えることです。

普段から自分の後姿をチェックし、この記事で紹介したような背中痩せエクササイズに取り組んでいけば、背中だけでなく肩や二の腕、腰も一緒に引き締まり、若々しい体のラインを取り戻すことができますよ。

頑張って背中の肉を撃退し、後姿美人を目指していきましょう。