美白ケアでシミのないお肌へ!アンチエイジングを意識して美しい素肌を手に入れよう!

0
152
Pocket

【年々シミが増えていく、その理由とは?】

30代、40代と年齢を重ねるごとに、今まで気にならなかったシミがどんどん浮き出ててくる…。

これって本当にショックですし、美白ケアでこのようなシミが薄くなるのなら、どんな方法でもいいから知りたいですよね。

ですがその前に、シミができるからにはその理由が存在しており、それを知らずしては美白ケアを叶えることは難しいでしょう。

では、いったいなにが原因で、シミがどんどん浮き出てくるのでしょうか?

 

《紫外線による経年変化》

10代~20代までの間、紫外線を無防備に浴びる機会が多くはなかったでしょうか。

紫外線と聞くと、夏の時期に燦々と降り注ぐ紫外線を思い浮かべることが多いかもしれませんが、
紫外線はA波とB波に分類されており、本当に注意しなければならないのは紫外線A波です。

それは、強いパワーで瞬間的に肌ダメージを作り出すのが紫外線B波であるのに対し、パワーは弱いながらも、年月をかけてゆっくりと真皮層に侵入し、細胞を老化へと追い込むのは紫外線A波だからです。

しかも、紫外線A波はガラスをも通り抜ける性質を持ち、季節を問わず真皮層に潜り込む可能性を秘めています。

そして、紫外線A波が真皮層に到達すると、真皮層にもともと存在していた活性酸素が働き始め、それが紫外線によってさらに増えてしまうと、健康な肌細胞を傷つけ始めます。

すると、真皮層の細胞を守る目的でメラノサイトが目覚めてメラニン色素をつくり始め、表面に浮かび上がってきたメラニン色素がシミとして定着します。

現在までに浴びてしまった紫外線は仕方がありませんが、今後新たなシミをつくりたくないのであれば、日々紫外線をブロックすべく、日焼け止めクリームなどでお肌を保護する工夫を行いましょう。

 

《ターンオーバー周期の遅れ》

紫外線によって作り出されたメラニン色素であっても、ターンオーバーが正常に行われていれば、やがて角質層とともに剥がれていきます。

ところが、年齢とともにターンオーバー周期が伸びると、浮き出てきたシミは古い角質層とともに表皮に居座り続けることになります。

ということは、ターンオーバー周期を整えることができれば、できてしまったシミであっても薄くできる可能性はあるということになります。

ターンオーバー周期を一朝一夕に改善することはできませんが、週1回を目安としたピーリングケアや毎日の保湿ケアによって、徐々にターンオーバー周期を理想的な形へと近づけることは可能です。

 

【美白・アンチエイジングならこの成分がおすすめです!】

美白やアンチエイジングを意識したスキンケアを行うのであれば、以下の成分を配合した化粧品がおすすめです。

 

《ビタミンC誘導体》

ビタミンCは美白作用とともに強い抗酸化作用を持った成分で、お肌への浸透力を高めるために加工されたのがビタミンC誘導体です。

 

《ビタミンE誘導体》

ビタミンC誘導体とともに強い抗酸化作用を持つ成分です。

ビタミンEは“若返りビタミン”とも呼ばれていますので、アンチエイジングを意識するのであれば、化粧品から取り入れておきたいところです。

 

《ハイドロキノン》

“皮膚の漂白剤”とも呼ばれることがある成分で、高濃度で配合されているクリームは美容外科クリニックなどの医療機関で入手することができます。

近年では、ハイドロキノン誘導体のアルブチンという成分に注目が集まっていますので、アンチエイジングケアや美白ケアによってシミを撃退したいのであれば、使ってみる価値はある成分です。

 

【インナーケアもお忘れなく!】

アンチエイジングを意識しながら美白ケアを行うのであれば、美白に効果的な成分でスキンケアを行っていくことが大切です。

ですが、お肌の新陳代謝であるターンオーバーを促進させるのであれば、化粧品による外部からのケアだけではなく、身体の内部からケアを行うことも大切です。

そのためには、食品からビタミンCやEを摂取するとともに、適度な運動を行うことも大切です。

適度な運動は基礎代謝アップに役立つだけではなく、ターンオーバー促進にも役立ちます。
運動が苦手という方は、まずは早足で歩く習慣を身につけてみてください。

それだけでも日常的な運動量が増え、ターンオーバーの促進にも役立つはずですよ。