手の老化「老け手」を予防して美しい手を保つアンチエイジング対策

0
101
Pocket

手の美しい女性は、憧れですよね。
しっとりとした白くしなやかな手には、優雅で女性らしい雰囲気を感じるものです。

でも実は、手は顔よりも年齢が出やすく、若さと美しさを保っていくのがとても難しい場所。
手のケアを怠ると、シミができてしまったりカサカサに乾燥してしまったりして、手の老化に拍車がかかり、いわゆる”老け手”になってしまいます。

年を重ねてもキレイな手を維持していくには、手にも顔と同じくらい念入りなアンチエイジングが必要。

そこで今回は、手の老化「老け手」を予防する方法と、手を今よりもっと美しくするためのヒントを紹介していきます。

今日からぜひ手のアンチエイジングを始めて、老け手予防をしていきましょう。

 

【手は顔よりも早く老ける!】

手は顔よりも老化が早いと言われています。
それはどうしてなのでしょうか?

女性の多くは、顔に対してはスキンケアやエイジングケア、UVケアなど、非常に手間ひまをかけてお手入れしますが、手にはハンドクリームを塗るくらいで、他には特に何もしていないという人がほとんどではないかと思います。

顔は毎日欠かさず鏡でチェックしても、手に対してそこまで注意を払うことはあまりないですよね。

でも、手も顔と同様に、紫外線を浴びればシミやシワができますし、保湿が足りなければ乾燥してカサカサ肌になってしまいます。

手は顔よりもケアが行き届かないぶん老化しやすく、また人から目に付きやすい場所のため手の老け感がよけいに目立ってしまうのです。

 

【老け手を作る原因は?】

手の老化を引き起こす要因はさまざまですが、いちばん手の状態を悪化させるのは「乾燥」です。

手は、日ごろから水仕事、手洗い、シャンプー、ハンドドライヤーの使用などで、非常に乾燥しやすい環境にあります。

真冬にお湯で洗い物をしたあとに、手がカサカサに乾燥して指先が割れ、出血してしまったという人もいるのではないでしょうか?

乾燥は皮膚のバリア機能を破壊して、肌を保護する力を弱めてしまいます。

特に手は、1日に何度も洗ったり水仕事をしたりするので、あかぎれ、ひび割れ、湿疹などの手荒れを起こしやすいです。

そこへ紫外線の害や加齢の影響も加わり、ハリや弾力が失わたりシワやシミが発生したりと、老化現象が早いうちから現れてしまうのです。

顔に比べて、圧倒的に外部からの刺激を受けやすい手ですが、多くの人はハンドケアに無頓着で手は無防備の状態。これでは、老け手の予防も改善もできません。

では、老け手にならないためには、もしくは手の老化を今より改善するには、いったいどうすればいいのでしょうか。

 

【手の老化「老け手」の予防法と改善法】

若々しくすこやかな手を保つために、日常生活の中で気を付けたいポイントを紹介します。

これらのことに注意するだけで、手の状態は大きく改善していきますので、ぜひ今日からでも取り組んでくださいね。

 

《水気をこまめにふき取る》

手を濡れたままにしておくと、水分が蒸発するときに手の潤いも一緒に失われてしまいます。

それを防ぐために、手洗いの後はやわらかいタオルで水気をしっかりふき取りましょう。

 

《水仕事や手洗いのあとはすぐに保湿をする》

普段からこまめにハンドクリームで保湿をしましょう。

とくに冬場は、水仕事や手洗いのあと何もケアをせずに放置していると、肌が乾燥してガサガサに荒れてしまいます。なるべく保湿成分がたっぷり含まれたクリームを選び、手洗いのたびに塗り直すのがポイントです。

また、乾燥した肌にクリームを塗っても浮いてしまって肌に浸透しづらいため、水気をふき取った後は時間を置かずに素早くクリームを塗るのがおすすめです。

 

《水仕事の前にハンドクリームを塗る》

最近は、水仕事の前に塗るタイプハンドクリームも人気です。

ドラッグストアなどで購入できますので、ぜひ利用しましょう。

 

《水仕事の際はゴム手袋を着用する》

手荒れや乾燥を防ぐには、水やお湯に直接触れないことがいちばんです。

できれば水仕事の際はゴム手袋ビニール手袋を着用し、手を保護しましょう。

 

《お湯の温度にも注意》

冬はお湯で食器洗いをする人がほとんどかと思いますが、お湯があまり熱過ぎると手の皮脂が必要以上に奪われてひどい乾燥を引き起こしてしまいます。

手のためには、冬場の食器洗いぬるめのお湯で行うのが良いでしょう。

 

《食事&生活を整えて老け手を撃退!》

上記のような直接的なハンドケア以外にも、老け手予防のためにぜひ取り組んでほしいのは、食習慣や生活習慣の改善です。

肌の健康を守るためには、規則正しい生活と栄養バランスに優れた食事が必要不可欠。

そのためには、夜は早めに寝て睡眠をたっぷりとる、食事は5代栄養素[たんぱく質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラル] をベースに、ビタミンミネラルをしっかり摂るなどして、体の内側から老化に対抗できるカラダ作りを目指していきましょう。

 

【まとめ】

手の状態は、ケアの仕方次第で大きく左右されます。

老化を防いで美しい手を保っていくには、顔と同じように保湿やUVカットなどの適切なケアをしてあげることが大切です。

ぜひこの記事を参考に、「手がキレイね」と言ってもらえるような美しい手の持ち主になってください。