抜け毛や白髪を防ぎたい人へ勧める 3つのアンチエイジング対策

0
144
Pocket

鏡で白髪を見つけてため息をついたり、入浴中に排水溝にたまった髪の毛を見てギョッとしたり…。

そんなことが増えてくる30代以降、ふとした瞬間に年齢を重ねたことを実感して、気が滅入ってしまうことがありますよね。

髪は、思いのほか年齢が現れやすい場所。

だからこそ、適切なエイジングケアが必要です。

今回は、髪のアンチエイジングに効果的な3つの対策法を紹介していきたいと思います。

 

【髪の老化現象】

悲しいことに、髪も肌と同様、加齢と共にさまざまな老化現象が現れてきます。

多くの女性が悩む、主な症状は次のとおり。

・白髪が増える
・抜け毛が増える
・艶が失われてパサつく
・コシ・ハリが減る
・髪が細くなる

問題なのは、これらの症状が出てくると見た目が一気に老け込んでしまうこと。

白髪は老化の象徴ですから、たとえ数本でも白髪がチラチラ見えるだけで途端に老け感が増しますよね。また、髪が細くなったり抜け毛が増えたりして髪がボリュームダウンすると、全体的に貧相な印象になってしまいます。

白髪や抜け毛などの髪の老化は、いつまでも若く美しくありたい女性にとって非常に深刻な問題だと言えるでしょう。

 

【抜け毛や白髪を防ぐためにやるべきこと】

髪は普段から紫外線やドライヤーの熱、カラーリング、パーマなどでダメージを受けるため、日常的に傷みやすい環境にあります。

ですが、しっかり対策を行い、丁寧に髪をいたわってあげることで、老化に負けない美しい髪を保つことは決して不可能ではありません。

ではさっそく、髪のアンチエイジングに効果的な3つのアプローチ法をご紹介したいと思います。

 

《その1:髪へのアプローチ》

まずは、髪の毛のケアを見直します。

大切なのは以下の3点。

1.洗髪後は濡れたままにしない
2.ドライヤーのかけ過ぎに注意
3.髪も紫外線対策をする

髪の毛の健康を守るには、摩擦・乾燥・熱の刺激をなるべく避けることが肝心。
洗髪後はよくタオルドライをして、なるべく早めにドライヤーで髪を乾かします。
ドライヤーは髪から30センチ以上は離し、できるだけ短時間で済ませましょう。

また、紫外線量が増える季節になったら、肌だけでなく髪のUVケアもしっかり行いましょう。帽子や日傘を利用したり、髪用のUVケア製品を使うのもオススメです。

 

《その2:頭皮へのアプローチ》

質の良い髪を作るには、頭皮ケアが欠かせません。

頭皮の健康のために、次のことを心がけましょう。

1.ブラッシングをする
2.シャンプーをしっかり洗い流す
3.頭皮マッサージをする

ブラッシングは何となく習慣でやっているという人が多いと思いますが、ブラッシングには、髪のもつれや絡みをほぐす、汚れやホコリを取り除く、頭皮の皮脂を髪全体に行き渡らせる、頭皮の血行を良くするといった、さまざまな美髪効果があります。

特に注目したいのは、頭皮から分泌される皮脂
これは、髪に潤いを与える天然の油です。ブラッシングをすることで皮脂が髪全体に行き渡り、艶と潤いを与えます。

また、シャンプーはすすぎがとても重要です。
すすぎが足りず頭皮にシャンプーの成分が残ってしまうと、刺激でかゆみが生じたり、毛穴が詰まって薄毛の原因にもなったりするため、すすぎ残しのないようにしっかり洗い流してください。

頭皮マッサージは髪のアンチエイジングの基本。
マッサージで頭皮のコリがほぐれ、血行が促進することにより、白髪や抜け毛、薄毛の予防が期待できます。

 

《その3:身体へのアプローチ》

女性の美をつかさどる女性ホルモンは、髪の健康と深い関わりがあります。

女性ホルモンの分泌量が、白髪や抜け毛など髪の老化のカギを握っていると言っても過言ではありません。そのため、30代後半からは、髪のアンチエイジングのために女性ホルモンを意識したライフスタイルを心がけましょう。

では、女性ホルモンを増やす具体的なコツを紹介します。

 

1.イソフラボンを食事に取り入れる

イソフラボンは、女性ホルモン「エストロゲン」と似たような働きをし、女性の美や若さを保つ手助けをしてくれるため、積極的に取りたい栄養素の筆頭です。

イソフラボンを多く含む食材は、納豆・豆腐・豆乳・油揚げ・味噌など。
1日の摂取量の目安は、豆乳ならコップ1杯、豆腐なら半丁、納豆なら1パックです。

 

2.十分な睡眠をとる

睡眠不足は、自律神経を乱して血の巡りを悪くするため、頭皮にも悪影響を及ぼします。

髪のアンチエイジングどころか体のあちこちの不調をまねく恐れもあるため、夜は早めに寝て睡眠をたっぷりとることが大切です。

 

3.ストレスをためない

ストレスに満ちた生活は、血行不良やホルモンバランスを崩す原因となるため、日ごろから趣味の時間を持ったり友達とおしゃべりをしたりなど、適度にストレス解消をしましょう。

 

4.栄養バランスの良い食事をする

この年代は、体の代謝が落ちて脂肪が付きやすくなるため、極端なダイエットをしたり厳しい食事制限をしたりする人もいます。

しかし、過度なダイエットや偏った食事は髪の健康によくありません。

5大栄養素[たんぱく質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラル]を意識してバランスの良い食事をすることが、良質で丈夫な髪の毛を作るのです。

 

5.軽い運動をする

髪のアンチエイジングのためにぜひ取り入れたいのが、適度な運動です。
ウォーキングなどの軽い運動でも効果はバッチリ。

定期的に体を動かすことで、全身の血流が促されて代謝が活性化し、頭皮環境も改善します。

 

このように、若々しく健康な髪を維持するには、身体の状態をトータルで底上げしていくことが重要なのです。

 

【まとめ】

白髪や抜け毛を防ぐには、ヘアケアと同時に女性ホルモンの働きを活性化させることが大切です。

抜け毛や白髪などのトラブルに悩んでいる人、髪をいつまでもすこやかに保ちたい人は、できそうなことからぜひ実践してみてください。

髪のアンチエイジングと一緒に、全身の若返りを目指していきましょう。