あなたにはどれが必要?アンチエイジングに効果のあるサプリメントの選び方

0
85
Pocket

【サプリメントのメリットとは?副作用はあるの?】

サプリメントは、医薬品ではなく健康食品に分類されます。

そのため、医薬品のように病院で処方を受ける必要がなく、ドラッグストアやコンビニなどでお手軽に購入できるというメリットがあります。

また、現在ではさまざまな種類のサプリメントが販売されていますが、それぞれに配合成分が異なり、ライフスタイルに合わせた栄養成分を摂取することができます。

特に普段の食事の内容が偏りがちな方の場合では、サプリメントから不足分の栄養成分を補うことができますので、それによって栄養不足を回避することが可能になります。

さらに、アンチエイジングに必要な栄養成分も摂取することができますので、老化現象が気になってきた方も、サプリメントをうまく活用すれば老化スピードを遅らせることができるでしょう

では、サプリメントには副作用の心配はないのでしょうか?

サプリメントは医薬品ではありませんので、医薬品と同様の副作用の心配はありません。
ですが、1日の規定量を超えた過剰摂取を繰り返すと、副作用とも捉えることができる健康上の問題が生じる可能性があります。

たとえば、ビタミンAやビタミンDなどの脂溶性ビタミンは、毎日過剰に摂取し続けることによって肝臓に大きな負担をかけることがありますし、ミネラル成分を過剰摂取し続ければ便秘や腹痛、頭痛、吐き気などの症状が現れることがあります。

このような健康上の問題は、サプリメントを過剰摂取したからといって必ず起こるというものではありません。ですが、サプリメントで栄養が偏れば、なんらかの健康上の問題が生じてもおかしくはありません。

サプリメントを摂取する際には、必ず1日の規定量を守り、毎日コツコツと続けて摂取することが大切です。

 

【サプリメントを選ぶポイント、正しい選び方】

サプリメントに配合されている栄養成分はそれぞれに異なった働きを持ち、期待できる効果が異なります。

つまり、ご自身がサプリメントを摂取する目的をしっかりと把握したうえで、適切なサプリメントを選ぶ必要があるということです。

また、サプリメントの中には女性用、男性用というように性別で線引きされている製品もありますので、女性が摂取する際には、必ず女性に対応しているサプリメントを選びましょう。
特に女性用、男性用という線引きがされていなければ、性別に関わらず摂取することができます。

この部分についての不安があれば、購入時に薬剤師に相談してみると良いでしょう。

 

【アンチエイジングに効果のある成分をご紹介!】

《抗酸化作用》

ビタミンCEコエンザイムQ10には強い抗酸化作用がありますので、肌老化が気になる方におすすめです

また、カロテノイドに分類されるアスタキサンチンにも強い抗酸化作用がありますが、この成分は甲殻類から抽出されることがありますので、甲殻類アレルギーをお持ちの方はヘマトコッカス藻由来のアスタキサンチン配合のサプリメントを選ぶと良いでしょう。

 

《老化防止、若返り効果》

アスタキサンチンや、コラーゲンの産生力を高めるピクノジェノール、新陳代謝の活性化作用がある亜鉛ビタミンB群、体内でビタミンCとして作用するアスコルビン酸がおすすめの成分です。

特にビタミンB群は脳細胞の老化予防にも役立ちますので、将来的な認知症予防を行いたいという方におすすめです。

また、目の老化が気になる方にはアントシアニン配合のサプリメントがおすすめです

 

《ホルモンバランスの調整》

大豆イソフラボンエクオールマカプラセンタがおすすめの成分です。

これらの成分は女性ホルモンを正常値に近づける作用を持っていますので、生理不順や更年期障害の予防や改善に役立ちます

 

【サプリメントの注意点】

サプリメントは栄養補助食品ですので、それだけでアンチエイジング効果を得ることは難しく、基本的な栄養成分は食事からきっちりと摂取する必要があります。

サプリメントをアンチエイジングに役立てたいのであれば、それだけに頼るのではなく、毎日のメニューの見直しを行ってできる限り栄養バランスが整った食事を心がけましょう。